Site Overlay

憧れのジューンブライド時期に結婚式を挙げる!準備するべきこととは?

そもそもジューンブライドとは?

「6月の花嫁は幸せになれる。」そんな言い伝えがヨーロッパにはあります。この由来にはいくつかの説があります。6月の月名の「June」は、ローマ神話で結婚を司る女神(Juno)ジュノ・ユノーからからきているという説があり、6月に結婚をすると守り神のJunoが幸福をもたらしてくれると言われています。それ以外にも、ヨーロッパの6月の時期は、1年の中で一番雨が少ないので、結婚式を挙げるのに適した季節だったためという説もあります。ヨーロッパでは、以上のようなことから、結婚式を6月に挙げると幸せになれると言われるようになりました。しかし、日本では反対に6月は梅雨時なので、昔はこの時期に結婚式をする人は少なかったようです。そこで、結婚式場の関係者により、ヨーロッパのジューンブライドの言い伝えが日本に広められたと言われています。

6月に結婚式を挙げる時の注意点や準備の心がまえ

6月に結婚すると祝福されて、幸せになれるという言い伝えに憧れている人は多くいます。この時期に結婚式を予定したいというカップルも少なくないでしょう。日本は6月が梅雨時期になるため、もしもジューンブライドに結婚式を挙げるなら、出席者に対するさまざまな配慮を考慮して準備を進めることを意識しておきましょう。雨が降ることを想定して、会場は駅の近くなどの交通の便が良く、移動が楽な場所にしたり、雨でも快適な室内ガーデンのチャペル会場などを選ぶと良いです。また、雨の日に来られた出席者にミニタオルを配ったり、メイク直しができるように綿棒やコットンなどの小物類をお手洗いやゲストルームに配置したりと、心配りは万全にしておきましょう。

京都の結婚式場の多くは歴史があります。新しい式場もありますが、昔ながらの式場もありますので自分に合った結婚式に仕上げられます。